コーヒーは、カフェインの含有量の多い飲み物として知られていますが、
同じ、「お茶」である、紅茶と比べて、どちらがカフェインが多いのでしょうか?

イメージで言えば、多くの人が「コーヒー」じゃないか、と答えると思います。
しかし、実は、紅茶の方がカフェインの含有量は多いことが分かっています。

コーヒー、紅茶ともに、種類の多いものではありますが、
豆の重量に対して、茶葉の重量に対して含有量を測ると、
紅茶の茶葉の方が、カフェインの含有量が多いんです。
でも、これは、コーヒー豆の種類によっても変わります。
簡単に言えば、缶コーヒーなどに使われているロブスタ種と呼ばれる
豆の方が、同じコーヒーでも、カフェイン含有量が多いです。

コーヒー

コーヒー

また、コーヒーカップ1杯分、ティーカップ1杯分のコーヒー、
紅茶から比較してもその答えは変わります。
例えば、コーヒーカップ1杯分に含まれるカフェインは60~100ミリグラムなのに対し、
ティーカップ1杯分に含まれるカフェインは、約30ミリグラムと、
コーヒーの方が、カフェインが多い計算になります。

つまり、”1杯分を飲む場合”であれば、イメージの通り、
紅茶よりも、コーヒーの方が、カフェインが多く含まれている、
という結論に至ります。

このカフェインを、良いものとするか、悪いものとするかは別として、
コーヒーと、紅茶のカフェイン量の違いについては以上の通りです。

カフェインは、摂取しすぎるのは良くないものではありますが、
適度に摂取する分には、健康に良いという見方もあります。
気軽に試せる方法としては、眠気覚ましにはカフェインが良いので、
仕事の合間とかに飲むのであれば、コーヒーの方が良く、
寝る前にティータイムをしたい場合は、紅茶の方が良いと、考えられます。

どちらも、種類が多く、いろいろと楽しめる飲み物でありますから、
どちらが悪いとは決め付けずに、いろいろな方法で楽しむのが一番です。
コーヒーも、紅茶も、どちらも健康に良い飲み方、飲む量があるので、
そういったところを参考にしてみるとよいでしょう。

コーヒーは、体に良くない…そんな見方があるのも、事実です。
しかし、適量のコーヒーは、逆に健康に良い効果があるのを、
ご存知でしょうか?

1.コーヒーに含まれる「カフェイン」は、眠気防止に役立つ!

眠気の原因は、『アデノシン』です。カフェインは、アデノシンが、
細胞にはたらくのを、阻害してくれるものですので、
コーヒーを飲むと、アデノシンが脳に溜まりにくくなり、眠気が起きにくくなります。

2.コーヒーの香りは、リラックス効果あり!

コーヒーの香りは、普段、コーヒーを飲まない人や、苦手な人も、
好きだったりするように、非常に良い香りがあります。
この香りは、右脳にある情緒部分に作用してくれるので、
気持ちをリラックスさせます。

コーヒー

コーヒー

3.コーヒーに含まれる「カフェイン」は、胃酸分泌を促進!

コーヒーは胃が荒れる…なんてことも言われますが、
それは空腹時に飲むからです。食後のコーヒーは、
遺産の分泌を促進するので、食べ物の消化を助けるはたらきがあります。

4.二日酔いの時にこそ、コーヒーが良い!

二日酔いには、スポーツドリンクが良い、100%のジュースが良い
なんて言われますが、コーヒーも、二日酔いに効果的だって、
知っていましたか?
コーヒーは、腎臓・肝臓のはたらきを高め、二日酔いの原因となる、
アセトアルデヒドを分解させます。また、利尿作用もありますので、
二日酔いの独特のだるさを、早く治す効果もあります。

5.側坐核(そくざかく)のアデノシンにはたらき、やる気を高める!

眠気予防の項目でも紹介しましたが、疲労物質である、
アデノシンを減らしてくれるので、眠気が覚め、スッキリとし、
やる気アップにつながります。

6.カフェインによって、頭痛も抑えられる!

偏頭痛や、二日酔いの頭痛などに、コーヒーは効果的です。
頭痛は血管の拡張によって起こりますが、コーヒーに含まれるカフェインは、
その血管の拡張を予防し、収縮させる作用があるため、痛みが和らぎます。

コーヒーには、いろいろな健康効果がありますが、同様にこちらの食べ物も健康効果抜群です。
それは、カスピ海ヨーグルトです。
カスピ海ヨーグルトの健康効果は、こちらのサイトにに記載してあります。