コーヒーと紅茶のどちらがカフェインが多い

コーヒーは、カフェインの含有量の多い飲み物として知られていますが、
同じ、「お茶」である、紅茶と比べて、どちらがカフェインが多いのでしょうか?

イメージで言えば、多くの人が「コーヒー」じゃないか、と答えると思います。
しかし、実は、紅茶の方がカフェインの含有量は多いことが分かっています。

コーヒー、紅茶ともに、種類の多いものではありますが、
豆の重量に対して、茶葉の重量に対して含有量を測ると、
紅茶の茶葉の方が、カフェインの含有量が多いんです。
でも、これは、コーヒー豆の種類によっても変わります。
簡単に言えば、缶コーヒーなどに使われているロブスタ種と呼ばれる
豆の方が、同じコーヒーでも、カフェイン含有量が多いです。

コーヒー

コーヒー

また、コーヒーカップ1杯分、ティーカップ1杯分のコーヒー、
紅茶から比較してもその答えは変わります。
例えば、コーヒーカップ1杯分に含まれるカフェインは60~100ミリグラムなのに対し、
ティーカップ1杯分に含まれるカフェインは、約30ミリグラムと、
コーヒーの方が、カフェインが多い計算になります。

つまり、”1杯分を飲む場合”であれば、イメージの通り、
紅茶よりも、コーヒーの方が、カフェインが多く含まれている、
という結論に至ります。

このカフェインを、良いものとするか、悪いものとするかは別として、
コーヒーと、紅茶のカフェイン量の違いについては以上の通りです。

カフェインは、摂取しすぎるのは良くないものではありますが、
適度に摂取する分には、健康に良いという見方もあります。
気軽に試せる方法としては、眠気覚ましにはカフェインが良いので、
仕事の合間とかに飲むのであれば、コーヒーの方が良く、
寝る前にティータイムをしたい場合は、紅茶の方が良いと、考えられます。

どちらも、種類が多く、いろいろと楽しめる飲み物でありますから、
どちらが悪いとは決め付けずに、いろいろな方法で楽しむのが一番です。
コーヒーも、紅茶も、どちらも健康に良い飲み方、飲む量があるので、
そういったところを参考にしてみるとよいでしょう。

Comments

Comments are closed.