コーヒーは、肝臓がん・子宮体がん・大腸がんに効果的です。
肝臓がんにいたっては、毎日コーヒーを飲む人は約1/2、
1日に5杯以上コーヒーを飲む人は約1/4に、コーヒーを飲まない人に
比べて、肝臓がんの発生リスクが減ることが分かっています。
まだ、コーヒーが何故「がん」の発生リスクを抑えるのか?までは
ハッキリ解明されていないのですが、これは、確かな研究結果です。

コーヒーと肝臓がん

肝機能酵素活性の改善や、肝疾患、肝硬変のリスクも抑えることが出来るため、
その流れから、肝臓がんの予防になると言われています。
B型やC型の肝炎ウィルス感染者でも、同じことが言えるようです。

コーヒーと子宮体がん

子宮体がんの発生は、女性ホルモンのうちの1つ、
エストロゲンと、インスリンが大きく関わると言われています。
あくまでも、まだ”予想”ではあるのですが、コーヒーは、
エストロゲン、インスリンの分泌に影響を与えることによって、
子宮体がんのリスクを減らしているのではないか?と、
考えられています。

コーヒー

コーヒー

コーヒーと大腸がん

大腸がんの発生リスクについては、少し注意が必要です。
コーヒーを飲んで大腸がんのリスクが減るとされているのは、
実は、女性のみです。理由はまだ解明されていませんが、
腸内のうごきを良くすることが、がんリスクを軽減させていると言われます。
また、何故男性は予防効果が得られないのか?という部分では、
大腸がんのリスクを高める、飲酒や、喫煙習慣のある人が多いため、
ハッキリとした結果が出なかったのではないか?とされています。

このように、コーヒーにはがんリスクを減らす予防効果に期待できますが、
デメリットもないわけではありません。
特に、「がん」に絞って言うのであれば、コーヒーの飲み過ぎは、
膀胱がんの発生確率を高めます。プラス、喫煙習慣のある方は、
さらにそのリスクを高めることになりますので、喫煙+コーヒーの
組み合わせは、避けるべきです。

カフェインの含有量の多い、「DEATH WISH」(デスウィッシュ)
と呼ばれるコーヒーをご存知ですか?
「DEATH WISH」(デスウィッシュ)とは、日本語で『死の願望』の意味。
カフェイン200%、パッケージもドクロ印、ちょっと、怖い飲み物なんです。

この「DEATH WISH」(デスウィッシュ)のホームページには、
こんな警告も載っています。大体訳すと、このような感じです。

「このコーヒーは、いつもの朝のコーヒーとは違います。
スーパーなどで買えるものでもないですし、カフェにもありません。
もちろん、スタバなどにも売っていないコーヒーです。
「DEATH WISH」(デスウィッシュ)は、世界で最もカフェインを含む、
プレミアム・ダークロースト・オーガニック・コーヒーです。
弱いものには、オススメできないコーヒーです。」

コーヒー

コーヒー

ですます調に書き換えましたが、もう少し強烈な文章です。
意味合いは一緒ですが、口調も荒々しい感じです。
一体どんなコーヒーなんでしょうか。

このコーヒーを販売する、デス・ウィッシュ・コーヒー・カンパニーは、
もともとは、ニューヨークにて、プレミアム・コーヒー豆を販売していた会社です。

その中で、「一番強いコーヒーが欲しい」というリクエストを経て
できたのが、このデスウィッシュというわけです。

深煎りすればするほど、香りや味は強くなるけど、カフェインの
含有量は落ちる…そんなコーヒーの特性さえも無視したコーヒーです。

健康を気にするのであれば、飲んではいけないもの?
なのかも知れませんが、ちょっと、その味・香り・効果など、
気になるところですよね。

口コミレビューによると、「強烈なコーヒー」であるのは間違いないようですが、
味・香りも良く評判がとても良いんです。
カフェイン200%と、ドクロ印のデスウィッシュ、健康に良いか?
と言われれば、良くないコーヒーかも知れませんが、ちょっと、
飲んでみたいものですよね。

コーヒーは、カフェインの含有量の多い飲み物として知られていますが、
同じ、「お茶」である、紅茶と比べて、どちらがカフェインが多いのでしょうか?

イメージで言えば、多くの人が「コーヒー」じゃないか、と答えると思います。
しかし、実は、紅茶の方がカフェインの含有量は多いことが分かっています。

コーヒー、紅茶ともに、種類の多いものではありますが、
豆の重量に対して、茶葉の重量に対して含有量を測ると、
紅茶の茶葉の方が、カフェインの含有量が多いんです。
でも、これは、コーヒー豆の種類によっても変わります。
簡単に言えば、缶コーヒーなどに使われているロブスタ種と呼ばれる
豆の方が、同じコーヒーでも、カフェイン含有量が多いです。

コーヒー

コーヒー

また、コーヒーカップ1杯分、ティーカップ1杯分のコーヒー、
紅茶から比較してもその答えは変わります。
例えば、コーヒーカップ1杯分に含まれるカフェインは60~100ミリグラムなのに対し、
ティーカップ1杯分に含まれるカフェインは、約30ミリグラムと、
コーヒーの方が、カフェインが多い計算になります。

つまり、”1杯分を飲む場合”であれば、イメージの通り、
紅茶よりも、コーヒーの方が、カフェインが多く含まれている、
という結論に至ります。

このカフェインを、良いものとするか、悪いものとするかは別として、
コーヒーと、紅茶のカフェイン量の違いについては以上の通りです。

カフェインは、摂取しすぎるのは良くないものではありますが、
適度に摂取する分には、健康に良いという見方もあります。
気軽に試せる方法としては、眠気覚ましにはカフェインが良いので、
仕事の合間とかに飲むのであれば、コーヒーの方が良く、
寝る前にティータイムをしたい場合は、紅茶の方が良いと、考えられます。

どちらも、種類が多く、いろいろと楽しめる飲み物でありますから、
どちらが悪いとは決め付けずに、いろいろな方法で楽しむのが一番です。
コーヒーも、紅茶も、どちらも健康に良い飲み方、飲む量があるので、
そういったところを参考にしてみるとよいでしょう。

2014年4月10日、カフェインの摂取によって、アルツハイマー病
を予防することが出来るとされる1つの「説」について、それを、
補強した実験結果が、9日の『加齢神経生物学』(Neurobiology of Aging)
と呼ばれるアメリカの専門誌に掲載されました。

もともと、カフェインの摂取する人、日頃、コーヒーを良く飲む人は、
アルツハイマー病になりにくい、カフェインが予防になっているのでは?
とは言われていたものの、まだまだ、解明されていない部分も多く、
研究が行われている段階でした。

その研究結果が、再度、発表される形となったのが、9日のニュースです。

ドイツ・フランスの研究チームによると、マウスの実験から、
アルツハイマー病患者の脳細胞のはたらきを阻害する、
タウタンパク質の凝集を、カフェインが、抑制したと分かりました。
約10ヶ月、マウスには毎日微量のカフェイン(人でいう、コーヒー2杯分程度)を与え続け、
それを、何も与えていないマウスと、比較して分かった研究結果です。

カフェインの摂取を行っていたマウスは、カフェインをとらなかった
マウスに比べて、タウタンパク質の凝集、脳細胞の炎症、記憶の点で、
影響を受けにくいと、分かったようです。

コーヒー

コーヒー

コーヒーは、健康を阻害するなんて見方もあるのですが、
まだまだ解明の進んでいない、アルツハイマー病の予防に効果的となると、
コーヒーや、カフェインの見方もまた、少し変わってきますよね。

こうした研究は、日々行われているものですので、近いうちに、
アルツハイマー病を含む、まだまだ解明されていない病も、
どんどん分かってくるのかも知れませんね。

尚、少量のカフェインを定期的に摂取する高齢者は、
認知症になりにくいなどは、すでに確認されているものですので、
多量のカフェイン摂取はかえって健康を阻害するものの、
毎日1~2杯程度のコーヒーを飲むことは、認知症の予防など、
健康に効果があるものであると言えます。

コーヒーは、体に良くない…そんな見方があるのも、事実です。
しかし、適量のコーヒーは、逆に健康に良い効果があるのを、
ご存知でしょうか?

1.コーヒーに含まれる「カフェイン」は、眠気防止に役立つ!

眠気の原因は、『アデノシン』です。カフェインは、アデノシンが、
細胞にはたらくのを、阻害してくれるものですので、
コーヒーを飲むと、アデノシンが脳に溜まりにくくなり、眠気が起きにくくなります。

2.コーヒーの香りは、リラックス効果あり!

コーヒーの香りは、普段、コーヒーを飲まない人や、苦手な人も、
好きだったりするように、非常に良い香りがあります。
この香りは、右脳にある情緒部分に作用してくれるので、
気持ちをリラックスさせます。

コーヒー

コーヒー

3.コーヒーに含まれる「カフェイン」は、胃酸分泌を促進!

コーヒーは胃が荒れる…なんてことも言われますが、
それは空腹時に飲むからです。食後のコーヒーは、
遺産の分泌を促進するので、食べ物の消化を助けるはたらきがあります。

4.二日酔いの時にこそ、コーヒーが良い!

二日酔いには、スポーツドリンクが良い、100%のジュースが良い
なんて言われますが、コーヒーも、二日酔いに効果的だって、
知っていましたか?
コーヒーは、腎臓・肝臓のはたらきを高め、二日酔いの原因となる、
アセトアルデヒドを分解させます。また、利尿作用もありますので、
二日酔いの独特のだるさを、早く治す効果もあります。

5.側坐核(そくざかく)のアデノシンにはたらき、やる気を高める!

眠気予防の項目でも紹介しましたが、疲労物質である、
アデノシンを減らしてくれるので、眠気が覚め、スッキリとし、
やる気アップにつながります。

6.カフェインによって、頭痛も抑えられる!

偏頭痛や、二日酔いの頭痛などに、コーヒーは効果的です。
頭痛は血管の拡張によって起こりますが、コーヒーに含まれるカフェインは、
その血管の拡張を予防し、収縮させる作用があるため、痛みが和らぎます。

コーヒーには、いろいろな健康効果がありますが、同様にこちらの食べ物も健康効果抜群です。
それは、カスピ海ヨーグルトです。
カスピ海ヨーグルトの健康効果は、こちらのサイトにに記載してあります。